子宮筋腫と不妊

子宮筋腫の役立つ情報

子宮筋腫と不妊

子宮筋腫があっても問題なく妊娠、出産するひともいますが、子宮筋腫が不妊の原因となっている事もあります。

子宮筋腫が必ずしも不妊の原因となるとわけではありませんが、子宮筋腫の出来る場所や、子宮筋腫の大きさ、子宮筋腫の数などによって不妊の原因となる可能性はあります。

子宮筋腫が子宮の内側にできる粘膜下筋腫の場合や子宮の筋肉内にできる筋層内筋腫場合は、子宮内腔が変形されて炎症が起こりやすくなったり、子宮筋腫によって過多月経になっている場合は月経の回数も増えている事があり、子宮内膜の剥がれ落ちる周期や頻度が速くなっているため、排卵しても受精しにくく、不妊の原因となる事があります。

また子宮筋腫が子宮の内側に突出して、内側に向かって大きくなる粘膜下筋腫の場合は、子宮内膜が変形したり引き伸ばされて面積が増すので、受精卵が着床しにくく不妊の原因となる事があります。

子宮の表面発生して外側に向かって大きくなる漿膜下筋腫が子宮周辺の頸管や卵管を圧迫して、精子が通りにくくなる場合もあり、子宮の収縮は精子が子宮内を移動するのを助ける働きがありますが、筋腫があると収縮が不十分になり、精子が輸送されにくくなるという可能性もあります。

しかし実際に子宮筋腫があっても妊娠し、出産している人が多くいる事も事実なので、子宮筋腫があるという事にあまり神経質にならず、医師の診察をうけて治療が必要ないと言われたらストレスを感じない方が、不妊の解消になる場合もあります。

スポンサードリンク

Copyright (C) 子宮筋腫の事知ろうよ! All Rights Reserved