妊娠中の子宮筋腫

子宮筋腫の役立つ情報

妊娠中の子宮筋腫

子宮筋腫は無症状の人も多くいる為、妊娠が発覚した後に筋腫が見つかる場合も多くあり、近年高齢出産も増えているので子宮筋腫が妊娠中に発覚する事が増えています。

子宮筋腫は良性腫瘍のため、特に問題がない場合は筋腫があっても気づかずに出産する人もいます。

子宮筋腫があっても、赤ちゃんの発育や体質に異常がでる事はありませんが、妊娠すると女性ホルモンが多く分泌されるので、筋腫も女性ホルモンの影響で大きくなります。

子宮筋腫はリンゴ位の大きさであれば、特に分娩にも影響はないとされそのまま出産してしまいます。ただ妊娠中に筋腫の血流が悪くなり、腹痛などの症状があれば鎮痛剤や、痛みの刺激になる子宮収縮抑制剤の服用が必用になり、それでも改善されない場合は手術が必要になる事もありますが、胎児を残したままの筋腫核手術は流産や早産の危険性があるのであまりおこなわれません。

妊娠中は筋腫が柔かくなるので、子宮筋腫が入り口にあっても赤ちゃんの頭が筋腫を越える事が多く、それが不可能な場合は帝王切開等の方法が取られます。

子宮筋腫があると筋腫によって子宮の収縮率が悪くなる場合があり、産後の出血が止まらなくなる事があるので経過が良くないと言われていますが、子宮の収縮剤などで収縮を促す事が出来るのであまり心配はいりません。

出産後に子宮筋腫の治療を行う人もいれば、特に支障がないのでそのままという人もいます。

スポンサードリンク

Copyright (C) 子宮筋腫の事知ろうよ! All Rights Reserved