おりもの

子宮筋腫の症状

おりもの

オリモノとは女性の生殖器官から分泌された粘液のことで、妊娠や月経以外の時に分泌されたものを言います。 おりもの事態は病気ではなく、膣内を長期間潤しています。

オリモノは年齢や体質、体調によって量や色が違うので、おりものの状態で病気や体調がわかります。

健康なオリモノは乳白色で、卵白のようなとろみのある状態をしており、下着などについて乾燥すると白や黄色にみえます。匂いは無臭かやや酸っぱい匂いがしますが、これは膣が乳酸菌に守られて弱酸性なためで、このような状態のオリモノは健康の証なので量や下着の汚れが気になる場合はオリモノシート等で汚れないように対策しましょう。

通常は酸性に保たれていますが、排卵時は精子の動きを助けるために膣内はアルカリ性になり、粘性が強くなります。

子宮筋腫があると黄色っぽく、水のようにサラサラとしたオリモノになり、量が増えます。

これは子宮筋腫によって子宮内膜がただれ、そこから水のような分泌物が染み出てくるため、子宮内膜がただれると、子宮筋腫が子宮の血管を圧迫するので子宮内部の血液の流れが悪くなり血液中の水分が染み出て子宮内膜の表面がただれやすくなるためです。

また、子宮筋腫はエストロゲンの分泌を盛んにする作用があるので、エストロゲンが大量に分泌され子宮内膜腺や子宮膣部糜爛腺の分泌を促して、通常のオリモノより粘り気のある、粘液性のオリモノが増えます。

スポンサードリンク

Copyright (C) 子宮筋腫の事知ろうよ! All Rights Reserved