月経困難症

子宮筋腫の症状

月経困難症

月経困難症は、一般的には生理痛といいます。

生理痛は月経時に下腹部痛や腰痛、頭痛や発熱、また吐き気やめまい、下痢、嘔吐感などの様々なものがあり、特定の症状はなく個人差がありますが、症状が日常生活に差し支える程ひどく、仕事が困難になって鎮痛剤や薬等の治療が必要な程重症な生理痛が月経困難症です。

月経困難症は特に身体的異常が見られない場合にも症状がでる人もいて、この場合ホルモンのような働きをする生理活性物質であるプロスタグランジンが過剰分泌されることで、月経困難症の症状が現れています。

プロスタグランジンは痛みや炎症、また発熱などの不快な症状を増幅させる働きがあり、血管の収縮や拡張、胃液の分泌の調節や、腸管の収縮、また子宮筋収縮といった症状を起こします。月経困難症の人は、このプロスタグランジンが何らかの原因で通常よりも多く分泌されていると考えられています。

子宮筋腫が原因の月経困難症は、月経の開始から終了までの間に、腰痛や下腹部痛などに生理痛の痛みが続く症状が多いようです。

子宮筋腫が子宮の内部にできる粘膜下筋腫の場合、特に生理痛が強くなる場合が多く、これは子宮筋腫の重みで子宮の内膜が引っ張られ、膣の方向に子宮が飛び出して筋腫分娩の状態になり、筋腫を膣から押し出そうと子宮が強く収縮するので、陣痛のような下腹部痛を生じ、この時筋腫がねじれて血流が止まると、大量の出血と腹痛でショック状態になり入院する必要があるほど危険です。

スポンサードリンク

Copyright (C) 子宮筋腫の事知ろうよ! All Rights Reserved