腹痛・しこり

子宮筋腫の症状

腹痛・しこり

子宮筋腫は良性の腫瘍で、腫瘍が小さい時には特に症状もありませんが、腫瘍が大きくなってくると子宮を圧迫し始めて影響が出てきます。

筋腫の増大により、子宮や下腹部等が圧迫されると頻尿や便秘、下腹部痛や腰痛になったりします。過多月経や月経困難症の症状は、筋腫の大きさに関係なく起こりますが、大きな筋腫の場合には、圧迫によるさまざまな症状が現れます。

筋腫が大きくなったことで子宮が膀胱を圧迫し、そのぶん膀胱の容量が小さくなるために十分な量の尿を溜めておく事が出来ず頻尿になります。

筋腫の発生場所が子宮の前側の膀胱に接する位置だと、筋腫がまだ十分大きくなくても同じように頻尿になることがあります。また頻尿になるだけでなく、大きくなった筋腫が尿道を圧迫して排尿痛が起きたり、尿管が圧迫されて水腎症という腎盂の肥大を引き起こす場合もあります。

膀胱だけでなく大きくなった筋腫が神経や血管を圧迫すると、血液の循環が悪くなり、稀に骨盤内の静脈が圧迫されて下肢の静脈の流れが悪くなり血栓症を引き起こす原因になる事もあります。下肢に静脈血栓ができると、それが肺まで運ばれて肺の梗塞を引き起こし、呼吸困難になって、死に至ることもある可能性があります。

正常な子宮は鶏卵くらいの大きさで、お腹の上からでは触れることは決してありませんが、筋腫が育って子宮全体が大きくなってくると、子宮が触れる位肥大している事があり、自分で触れる位大きい時は、筋腫が赤ちゃんの頭程の大きさになっている場合があり、手術が必要です。

特に漿膜下筋腫は、子宮の表層に筋腫が出来て、子宮本体から外側に向かって大きくなるのでわかりやすいと言われています。

スポンサードリンク

Copyright (C) 子宮筋腫の事知ろうよ! All Rights Reserved