子宮腺筋症

子宮筋腫と似た病気

子宮腺筋症

子宮腺筋症は子宮内膜が子宮内意外に出来る子宮内膜症の症状の一つで、何らかの原因で子宮の筋層の中に内膜組織が形成され中へ入り込み、そこで増殖と出血を繰り返す病気です。

通常の月経は子宮内膜がはがれ落ち膣から排出されますが、子宮筋層に入り込んでいる内膜組織も月経時に出血が生じますが排出されず増殖と剥離を繰り返すため、組織が硬く変性していき子宮が肥大化します。

通常の月経に加えて、筋層内部でも月経に合わせて出血するので貧血や過多月経の症状が現れるだけでなく、子宮筋腫と違い月経でなくても下腹部痛が生じたり、性交時や排便時に激痛が生じる事があります。

出血部分が治る過程で、瘢痕という硬い組織ができるため、子宮の大きさが次第に大きくなり、通常鶏卵程度と言われる子宮の大きさが、ソフトボール大に大きくなります。

子宮内膜症は子宮組織以外に内膜組織が作られるので子宮が大きくなる事はなく、肥大化した子宮が周辺臓器の膀胱や腸を圧迫し、頻尿や便秘などの症状があらわれます。ひどい症状の場合は子宮がヘソの上まで肥大化する事もあります。

通常月経時に子宮筋が収縮し、子宮内の血管が縮んで血行が悪くなることで止血されますが、子宮腺筋症では子宮筋層に出血と治癒を繰り返して出来た固い瘢痕組織がある為、子宮筋が収縮出来ず止血する事ができません。このため月経時の出血量が増えて貧血や過多月経になります。

子宮内膜症も子宮腺筋症も原因不明の病気の為、一度症状が現れると治療しても再発する事が多く、基本的に閉経するまで治る事はないと言われています。

スポンサードリンク

Copyright (C) 子宮筋腫の事知ろうよ! All Rights Reserved