子宮内膜症

子宮筋腫と似た病気

子宮内膜症

子宮内膜症は子宮筋腫と同じく月経時に症状が現れ、子宮筋腫と子宮内膜症の区別がつかず混同している人がいるほど症状がよく似た病気です。

子宮内膜とは子宮の内側を覆っている粘膜で、妊娠時に受精卵が着床し胎児を育てる役割がありますが、妊娠しなければ子宮内膜ははがれ落ちて体外へ排出されて月経となります。

子宮内膜症は子宮の内膜組織が子宮以外のところで発生し、その組織が子宮内膜と同じように女性ホルモンの影響を受けて、月経周期に合わせて組織が増殖し、剥離して出血する病気です。

よく症状が現れるのは卵巣で、卵巣内に内膜組織が増殖して膨れ上がるチョコレート嚢胞や、腸等の他臓器で内膜組織が増殖し、子宮と違って血が排出されないので臓器が癒着するなど症状は深刻で、不妊の主な原因となっています。

症状はひどい生理痛が主体となり、内膜組織の出来た場所によって性交時や排便時にも激しい痛みが伴い、周辺臓器の癒着が進行すると臓器の機能にも問題が生じます。

子宮筋腫と違い、若い人にも多くみられる病気で、癒着が進行していると月経でなくても生理痛のような痛みが伴う事があります。

子宮内膜症は月経が起こる度に症状が進行するので、子宮筋腫のように治療の必要がないという事はなく、即治療が必要ですが再発率も高く、治療に時間がかかる為不妊の原因と言われています。

原因が不明なため再発を繰り返す場合は子宮と卵巣を切除し、月経を起こさない事で内膜組織を衰えさせるという方法がとられる事もあります。

スポンサードリンク

Copyright (C) 子宮筋腫の事知ろうよ! All Rights Reserved