子宮筋腫の原因2

子宮筋腫の基礎知識

子宮筋腫の原因2

子宮筋腫は女性にとっては極身近な病気で、近年は不妊症の原因であるという事で多くの研究がなされてはいますが、原因は定かではなく子宮筋腫の原因1以外にも、多くの原因が考えられています。

子宮の筋肉は赤ちゃんを育てるために、排卵ごとに子宮を大きくする準備をしていますが、受精しないと妊娠にむけて細胞を増やす準備をしていた子宮の筋肉は、細胞増殖を中途半端な状態で繰り返し中断しなくてはならない状態になり、この中断作業を繰り返すことによって細胞に異常が起こり、筋腫の核になる細胞が作られるのではないかとも考えられています。

他にも子宮筋腫の原因として、環境ホルモンの影響や食生活の変化による動物性タンパク質の摂取のしすぎなどが考えられています。

医学の発展により診断方法が超音波等の高度な医療技術の導入によるものもありますが、昔は10~20代の女性に筋腫が発見される事はなかったのにも関わらず、現代で発見されるようになったのは環境によるものと考えられます。

ダイオキシンなどの環境ホルモンは免役異常を発生させる事がわかっていますし、食生活が不規則であることや、ダイエットなどによる全体的な栄養バランスの不足で体内環境が変化している事も原因であると考えられています。

また現代人の多くが悩んでいるストレスの影響もないとはいいいれません。ストレスにより子宮の筋肉の血流が悪くなり、血流の少なさを補うために筋肉が繊維化して筋腫になるのではないかとも考えられています。

スポンサードリンク

Copyright (C) 子宮筋腫の事知ろうよ! All Rights Reserved