筋腫の種類

子宮筋腫の基礎知識

筋腫の種類

子宮筋腫は筋腫の発生する場所によって、種類や症状が異なります。子宮筋腫全体から見て、子宮体部に筋腫が発生する確率は95%で、残りの5%は子宮頸部に発生しています。

この95%の子宮体部にできる筋腫は大きく3種類に分けられ、子宮の筋肉の中にできる筋腫を筋層内筋腫といいます。子宮筋腫のうち最も多くみられる筋腫で、子宮筋腫の70%を占めています。

子宮の筋肉の中で筋腫が大きくなるにつれ、子宮の内側を覆う子宮内膜が引き伸ばされていくため月経痛や貧血、月経時の出血量が多くなり、下腹部を触るとしこりを感じることがあります。

子宮内部が引き延ばされるので、卵管が圧迫されて不妊の原因になる事があり、さらに卵管が圧迫されると不妊症の原因となることもあります。

次に子宮の表面発生して外側に向かって大きくなる筋腫を漿膜下筋腫といい、大きくなった漿膜下筋腫は、お腹の上から触ると固いしこりがあるのが分かりますが、子宮の外に筋腫があるのでなかなか発見されず、また他の場所と比較すると最も症状が少ないです。

漿膜下筋腫が大きくなると下腹部に圧迫感を感じるようになり、触ると違和感があります。筋腫が大きくなって膀胱を圧迫すると頻尿や尿閉になり、直腸が圧迫されていると便秘などの症状が表れることがあり、背中の方に筋腫ができると月経痛ではない腰痛が起こりやすくなります。

また、子宮の内側に突出して内側に向かっ大きくなる筋腫を粘膜下筋腫といい、子宮の内側に筋腫が増えるので月経量が増えて月経痛や貧血がひどくなり、不妊症や流産の原因となります。

特に筋腫が膣に向かって大きくなると、おりものが増えて月経以外にも出血が続くなどの症状がでます。

スポンサードリンク

Copyright (C) 子宮筋腫の事知ろうよ! All Rights Reserved