子宮筋腫とは

子宮筋腫の基礎知識

子宮筋腫とは

子宮筋腫とは子宮内の平滑筋の中に平滑筋で出来た瘤の様な良性の腫瘍の事をいいます。

子宮筋腫は他の臓器に転移する事はほとんどなく、筋腫は卵巣から分泌される女性ホルモンの作用によって周りの正常な筋層を少しずつ押しのけながら、時間をかけて大きくなります。

大きさは目では見えず顕微鏡でなくては確認できないものから、数10cmの大きさに成長するものもありますが、巨大化しても生命に影響するものではなく、日常生活へ特に大きな支障がなければ、絶対に治療が必要な病気ではありません。

子宮筋腫の症状は筋腫のできる場所によって異なり、筋腫が出来ていても生涯無自覚で気がつかないままの人もいます。

子宮筋腫による主な症状は月経困難症、月経痛、貧血などがあり、おりものに変化が起こる場合や腰痛や頻尿、便秘、不妊などの無視できない症状が現れることもあります。

子宮筋腫の硬さは一般にソフトボール位と言われ、色はピンク色、あるいは灰白色をしている事が多いですが、中には筋腫の影響で血液の流れが悪く、筋腫内に血液が充満して暗赤色になるものもあります。

子宮筋腫は月経のある成人女性に見つかる場合が多く、一般に成人女性の10人中3人は子宮筋腫がみつかると考えられています。

現代では目に見えない程小さく自覚症状のない筋腫まで調べれば、成人女性のほとんどは子宮筋腫があると言える位身近な病気です。子宮筋腫が見つかる確率の高い年齢は30~50代ですが、近年は経年齢が若年化の影響で20代でも子宮筋腫が発見される事が増えています。

スポンサードリンク

Copyright (C) 子宮筋腫の事知ろうよ! All Rights Reserved