ホルモン療法

子宮筋腫の治療

ホルモン療法

現在子宮筋腫は薬で完治させる事はできません。ただし良性腫瘍なので、日常生活に支障がなければ無理に手術で摘出する必要はありません。

子宮筋腫は発生原因は不明ですが初潮前に症状が見られないことや、閉経後に症状がア改善されることから女性ホルモンの働きが筋腫に影響している事は間違いないとされています。そこで女性ホルモンの分泌を抑えて症状を回復せせる方法があります。

日本で使用されているホルモン療法は、GnRHアナログという人工の性腺刺激ホルモン放出ホルモンを打つことで、下垂体に作用して女性ホルモンの分泌を抑える方法です。

GnRHアナログは下垂体を刺激して、女性ホルモンを分泌するゴナドトロピン放出刺激ホルモンの反応性を鈍くして卵巣機能を低下させ、排卵や月経の機能を停止させて筋腫が成長しないように働きかけます。

GnRHアナログによって筋腫を一時的に制御する事が可能で、GnRHアナログを使用中は筋腫が女性ホルモンの影響を受けずに小さくなります。

また月経を抑制しているので過多月経等の症状で貧血だった人も症状が改善されますが、GnRHアナログの使用を停止すると月経がはじまり筋腫もまた大きくなります。

副作用としてGnRHアナログ使用により、GnRHアナログが下垂体に作用する前に卵巣を強く刺激するので性器出血がおこることもあり、長期間使用することで卵巣の働きが低下してエストロゲンの量がへるので骨量が減り、骨粗鬆症になる可能性もあります。他にも膣の粘膜が乾燥したり、のぼせやほてりを感じる事や、肩こりや吐き気などの更年期障害で見られる症状が出ることもあります。

GnRHアナログは筋腫を一時抑制しているだけなので、根本解決にはならず、閉経間近で摘出の必要のない人や、手術までの間に症状の重い人の症状の緩和などの人が行います。

スポンサードリンク

Copyright (C) 子宮筋腫の事知ろうよ! All Rights Reserved