子宮筋腫核出術

子宮筋腫の治療

子宮筋腫核出術

子宮の正常な組織は残し筋腫のみを摘出する子宮筋腫核出術と、子宮を全て摘出する子宮全摘術があります。筋腫の種類や筋腫のできた場所、また大きさなどによって子宮筋腫核出術か子宮全摘術かどうか判断されます。

子宮筋腫核出術は術後に妊娠を希望している人が子宮を残す為に行われます。ただし筋腫核出術を行って子宮を残した場合は、極めて小さい筋腫まで全て取り除く事ができない事や原因がわからず子宮筋腫は再発率が高い事から、数年後にまた子宮筋腫の症状をあらわすことがあります。

子宮筋腫核出術は腹部を大きく切開して筋腫のみを摘出する開腹手術と、腹部に小さな穴を数ヶ所開け、中の様子をモニター画面でみながら筋腫のみを摘出する腹腔鏡手術、膣から筋腫を取り除く膣式手術があります。

開腹手術の場合は、お腹全体を見渡せるので非常に大きな筋腫でも安全に切除ができ、癒着があっても問題なく手術を進めることができます。また万が一筋腫以外の異常が見つかった場合にも即対応する事ができるメリットがありますが、開腹するので術後に痛みがある場合や、お腹に傷がのこるというデメリットがあります。

膣式手術の場合は、開腹しないので術後の回復が早く後も残りませんし、痛みもないというメリットがありますが、癒着している場合は手術を行う事が非常に困難であり、その他の疾患があったとしても即対応する事ができず、また見えていないので疾患に気づけないといデメリットがあります。

腹腔鏡手術は腹部に小さな穴を数ヶ所開けて腹腔鏡と器具を入れてモニターを見ながら筋腫を切除するので、傷が小さく回復が早いというメリットがありますが、筋腫を一度に切除出来ないの細かく刻んで取り出さなくてはならず、皮膚下での作業になる為医師の熟練度が要求される事になります。

スポンサードリンク

Copyright (C) 子宮筋腫の事知ろうよ! All Rights Reserved