子宮全摘術

子宮筋腫の治療

子宮全摘術

筋腫と一緒に子宮をとってしまう手術を子宮全摘術といい、子宮全摘術の場合には通常、子宮だけを摘出しホルモンの分泌を行う両方の卵巣、少なくとも片方の卵巣は残してホルモンバランスが崩れないようにするのが一般的です。

子宮内膜症でチョコレート嚢腫になっている場合や、子宮癌等でない場合は両方の卵巣が取り除かれる事はほとんどありません。

卵巣は女性ホルモンの分泌に関与しているので、両方の卵巣を摘出すると体内のホルモンバランスが急激に変化し、更年期障害のような症状が現れます。

しかし片方でも卵巣が残っていれば、残った卵巣が2つ分の働きをするので、特に問題はありません。子宮を摘出すると腹部に空洞が出来るのではないかと心配される方も居ますが、子宮のあった場所に腸が移動してくるので特に問題はありません。

子宮筋腫は閉経が起こり、ホルモンの分泌がなくなるまで完治する事はないと言われる病気ですが、子宮全摘術は子宮がないので再発の可能性はありません。

卵巣が残っていればホルモンバランスの崩れもなく、術後は食事制限や性交に問題はありませんが、妊娠はできなくなりますし、子宮を失ったという喪失感が強く残る事があります。

子宮全摘術は開腹して子宮を取り除く開腹手術と、腹部に小さな穴を数ヶ所開け、中の様子をモニター画面で確認しながら、子宮を摘出する腹腔鏡下術があり、腹腔鏡下術は出血量が少なくすみ、術後の痛みがほとんどなく社会復帰を早く行うことが出来ますが、すべての手術操作を腹腔鏡下でおこなうため、医師の熟練度が要求されます。

膣式手術も術後の後は目立ちませんが、子宮が大きくて膣式手術が困難な場合もあります。

スポンサードリンク

Copyright (C) 子宮筋腫の事知ろうよ! All Rights Reserved