手術が必要な場合

子宮筋腫の治療

手術が必要な場合

手術には筋腫だけとる筋腫核出術と子宮を全部とる子宮全摘術があり、全摘術は開腹する腹式手術と、開腹せずに腟から子宮をとる腟式手術のふたつの方法があります。

全摘術では再発や子宮癌の心配はなくなりますが、子宮という器官を失うことで起こる弊害もあり、核出術では筋腫の再発や子宮癌になる可能性があります。

子宮筋腫は良性腫瘍なので、手術が必要になる事はほとんどありません。

摘出手術が必要になる場合は閉経後の女性で、閉経後には筋腫は小さくなるのが普通ですが閉経しても筋腫が小さくならず、逆に閉経後でも腫瘤が肥大化している場合には、手術が必要になります。

閉経前の女性でも子宮筋腫の手術が必要な場合は、子宮筋腫の大きさよりも子宮筋腫によって起こる症状によって手術するかどうかを決定することがほとんどです。

薬物療法で症状が改善されなかったり改善する見込みがない場合や、貧血の症状がひどく日常生活に支障がある場合などに手術が必要である可能性があります。筋腫の大きさがかなり大きくても子宮の外に向かって大きくなる漿膜下筋腫の場合は症状があまりないので手術は不要です。

また妊娠している女性は子宮筋腫が内膜側に突き出している粘膜下筋腫の場合、受精卵の着床を妨げている事が不妊原因である為、子宮筋腫の切除が必要となります。

子宮筋腫の治療は、経過観察にするか手術にするかは医師の違いで異なるので一つの病院だけで治療方針を決めるよりは複数受信して自分に合う治療法の医院にかかるのが望ましいです。

スポンサードリンク

Copyright (C) 子宮筋腫の事知ろうよ! All Rights Reserved